音楽と本

僕のカルチャーセレクトショップ

音楽

ア・パーフェクト・サークル/新曲と新譜

タイトル通りこちらのPVが公開されてた。 www.youtube.com 新譜はこちら。現在購入非常に迷ってます。欲しいのですが懐がね・・・ PVの内容は現代社会の人々がスマホやタブレット=ネットに飼いならされて大事な何かを失い、それに気づいて人たちだけが色の…

ソウル・コフィング/ロールでケホンケホン

ソウル・コフィング(魂のコホコホ)、3枚出てます 日常の何気ない瞬間に、僕が過ごしてきた50年近い人生の中での、僅かに光り輝いていた瞬間が唐突に頭をよぎることがある・・・。いったいその輝きはなんだろう、言ってみれば晴れた日に部屋の中で寝転ん…

レディ・プレイヤー1観ました/最高!

初日に都合つけて頑張って初回で観たよ!その甲斐あった! wwws.warnerbros.co.jp こちらあたりを見れば、大体の中身がわかります。 www.youtube.com 去年の12月くらいにこちらの記事を書いたら思いのほかアクセスを稼いでくれて、もうこれは早めに観なく…

プロペラヘッズ/今どうしてるの?

プロペラヘッズは、ベースのアレックスとドラムのウィルで構成されたイギリスのビッグ・ビートユニットだ。大体今から20年くらい前(もうそんななるのか)!に活動していた。 出したアルバムはこの一枚のみ デッキスアンドラムスアンドロックアンドロール …

ヴァン・ヘイレン/レディプレイヤー・ワンで若年層にもアピールか 僕の80S

いよいよ来週公開予定のレディ・プレイヤー1。 www.youtube.com そんで公開直前にこういうのもやってます。 僕は我慢して観てません www.youtube.com そうして以前書いたこの記事が、現在僕のブログのPVを底上げをしています。www.otominarukami.tokyo 映画…

カテドラル/コピーバンドでデーッド!

さてカテドラルバンドのドラムとしてバンドを始めた僕。 ベースやギターと違い、全身を使うこの楽器にすっかり魅了された僕は毎日シャドウドラムをアパートの一室でやっていた。練習でドラムを叩く時も、トミー・リーばりのオーバーアクションで僕はドラムを…

カテドラル/クリスタルウォリアー!

ナッカンの家でカテドラルを初めて聞いた僕。1曲目のヴァイオレット・ヴォルテックス(なんてカッコいい曲名なんだ!)とRIDEでこのバンドは只者じゃないと確信した。 でんででんででんででんででんででんででーええー(最初のリフを言葉で表現しています)…

カテドラル/デカダンスでノックアウト

大学生の頃、僕は強烈な個性の持ち主の友人たちに恵まれていた。 その中の一人、後輩のナッカンは多くのエピソードを持つ人物でここに書くのは憚られるような数々の(僕らの間だけでの)伝説を残した。 ちなみに彼との出会いはこちらで少し書いてます www.ot…

ヌンチャク!K.C.H.C!

20年くらい前にTVKのとある番組で一時集中的にこのビデオが流れてた。 www.youtube.com なんじゃこりゃ!すげえ! 当時ハイスタのようなパンクバンドはかなり盛り上がりを見せていたけれど、まさかここまでハードコアな日本人バンドがいるなんて! この頃…

VOO DOO GLOW SKULLS/ヴードゥー・グロウ・スカルズ フランクどしたの!?

YOUTUBEをアホみたいな顔してぼうっと観ていたらヴードゥー・グロウ・スカルズ(以下VGS)のライヴのサムネイルが表示された。なんか久しぶりだな、せっかくだから観てみるかとクリックすると、ヴォーカルの人が違う! なんか音もショボイ www.youtube.com …

ブラインド・メロン/BLIND MELON SOUP/NICOの頃

昨日の続き。 アルバイト先の双子に勧められて聴きまくっていたブラインドメロン。 そのバイト先にはいろいろな人がいたが、僕より一つ下で、山形県出身のホリゴメ君もまた一風変わった人物だった。 彼のファッションスタイルもまた奇妙なもので、どのような…

ブラインド・メロン/BLIND MELON ギターカシャカシャ

リリース枚数はこれだけでも素晴らしいバンドだった 僕は20代の半ばまで、京王線初台駅最寄りの、とある会社でアルバイトをしていた。資料を発送する部署で、倉庫のような場所で毎日資料をダンボールに詰めては発送する、という誰にでもできる仕事だった。…

ザ・ジャム 僕の80S

僕が高校生の時に、ローカル局でやっていた洋楽番組(といってもただプロモを流すだけだが)をビデオに撮っていたらこの曲「タウンコールドマリス」がかかった。 ベースのキャッチーなフレーズから始まるシンコペーションのリズムも心地よく、文句なしにいい…

ストーン・テンプル・パイロッツ 新譜出たね!

「!」付きでタイトルをつけたけど、ストーン・テンプル・パイロッツ(以下STP)って日本で人気あるんですかね。 この間、激ロックを観ていたらこの記事があって、 gekirock.com 軽く試聴して懐かしさに思わず衝動的に楽天でアルバムを購入したんだけど、在…

ネイバーフッドとアタリティーンエイジライオットのコラボ!アマゾン「AT TOKYO」にて

こういうのが最近あった。 アマゾンがいよいよファッションの分野でも本気を出してきたわけだ。 さてこのイベントの参加ブランドの一つに「ネイバーフッド」がある。ネイバーフッドとはなんぞや。そう思った方はこちらをどうぞ。 www.neighborhood.jp 黒を基…

ヘビーメタルと文芸少女の文法講座 修飾語のかかる相手はどこ?

この「ヘビーメタルと文芸少女の文法講座」は、このブログの管理人である僕「なるかみ音海」が書いた『ヘビーメタルと文芸少女』という素人小説の主人公である「大石ユリカ」というキャラクターが、僕のものしたもう一つの作品『土管の向こうの街』に出てく…

ザ・ティン・ティンズを聴いてWHOALEを連想

いつものように深夜だらだらとネットサーフィンをしていた僕。 様々なサイトをザッピングしてはYOUTUBEに戻り、アマゾンプライムを覗き、ブログをチェックといつものように過ごしていると、YOUTUBEのおすすめサムネイル画面に現れたザ・ティン・ティンズ/Th…

アンダーワールド 「BEAUCOUP FISH」・「ダブノーベースウィズヘッドマン/dubnobasswithmyheadman」の頃

「ダブノーベースウィズヘッドマン/dubnobasswithmyheadman」というとんでもなく長いタイトルが彼らの1STアルバムだ。 このアルバムは2NDアルバムのようなきらびやかさや、サウンドの完成度においては及ばないが、曲自体の良さがそれを補ってあまりある。…

アンダーワールド 『2番目のタフガキ』の頃

アンダーワールドはギター/Vo 他担当のカール・ハイドとKEY/プログラミング他担当のリック・スミスの二人のプロジェクトだ。 コンピ盤やサントラが他にもあったけど、どっかいった・・・ HPのリンクが地味 Underworld Live | The Official Website 彼らを…

スクエアプッシャー、その初期をよく聴いていた

スクエアプッシャーというへんてこりんな名前のユニットがある。もうかれこれ20年以上前に知ったのだが、実際はトーマス・ジェンキンスというひとりの男がやっているプロジェクトだ。今現在も活動しており、最近はバンド形態でのリリースもしているようだ…

ヘビーメタルと文芸少女の文法講座3 単語分けのコツ!これさえ覚えればバッチリ!

この「ヘビーメタルと文芸少女の文法講座」は、このブログの管理人である僕「なるかみ音海」が書いた『ヘビーメタルと文芸少女』という素人小説の主人公である「大石ユリカ」というキャラクターが、僕のものしたもう一つの作品『土管の向こうの街』に出てく…

ヘビーメタルと文芸少女の文法講座 文と文節 2 文節分けのコツ!

この「文芸少女の文法講座」は、このブログの管理人である僕「なるかみ音海」が書いた『ヘビーメタルと文芸少女』という素人小説の主人公である「大石ユリカ」というキャラクターが、僕のものしたもう一つの作品『土管の向こうの街』に出てくる「山内孝之」…

ヘビーメタルと文芸少女の文法講座 文と文節 1

この「文芸少女の文法講座」は、このブログの管理人である僕「なるかみ音海」が書いた『ヘビーメタルと文芸少女』という素人小説の主人公である「大石ユリカ」というキャラクターが、僕のものしたもう一つの作品『土管の向こうの街』に出てくる少年、「山内…

death from above1979 とRoyal Blood というベース×ドラムだけの奇跡的なバンド

ごく最近、これが公開されたのです。 中間部の展開が予想外! www.youtube.com ふつうバンドって最低限3ピースだと思うじゃないですか。ギター、ベース、ドラムっていうね。 でもそういう文法に従わず、どういうわけかドラムとベースだけで素晴らしい音楽を…

『嘘とカメレオン』をはじめとして、勢いを感じる我が国のバンドたち

ここ数年、僕の勝手な私見なのだけれど、日本のバンドのレベルがかなり高くなっていることを実感している。 20年くらい前だとアメリカやイギリスのムーヴメントに引っ張られてそのあと似たようなバンドが出てくるという印象だったんだけど、最近は日本のロ…

ティアーズ・フォー・フィアーズ/TEARS FOR FEARS  1ST『the hurting』に限る 

去年再結成されてUKでは盛り上がっていたようだ、ティアーズ・フォー・フィアーズ。80年代に洋楽を聴いていた方なら間違いなくご存知であろうこのバンド、次の2曲を大ヒットさせ当時は飛ぶ鳥も落とす勢いだった。 どちらの曲も誰もが一度は聞いたことがある…

BAND-MAID「WORLD DOMINATION」リリースまつり!全曲印象レビュー後半

カッコイイぜ!BAND―MAID WORLD DOMINATION(初回生産限定盤A) アーティスト: BAND-MAID 出版社/メーカー: 日本クラウン 発売日: 2018/02/14 メディア: CD この商品を含むブログを見る 昨日に引き続き新譜「WORLD DOMINATION」の全曲印象批評にチャレンジです…

BAND-MAID 「WORLD DOMINATION」は純度の高いヘヴィーメタルアルバムだ!

さあ、みなさんご一緒に! カッコイイぜ!BANDーMAID! WORLD DOMINATION(初回生産限定盤A) アーティスト: BAND-MAID 出版社/メーカー: 日本クラウン 発売日: 2018/02/14 メディア: CD この商品を含むブログを見る いや、ついに手元に来ましたよ、BANDMAIDの…

バウ・ワウ・ワウ/ジャングルビートでGOGOGO 僕の80S

バウワウじゃないよバウワウワウだよ。 30年近く前、当時洋楽情報を観ていたらこの曲です。 ラテンのリズムに手数の多いベース、キャッチーなメロディー。途中「パラッパッパッパララ」のところでメシを口にほおばったままこちらを観る顔には何となくむか…

お気に入りアンドおすすめのオールドスクールメタル

僕はヘビーメタルが好きだ。 ただ、一般に「ヘビメタ」呼ばれ、汗臭くやかましいと思われがちなこのジャンル、実は様々に細分化し、メタルの中でもその好みは各人によって違う。 現在の僕は50近くにもなって、「スラッシュメタル」「デスメタル」「デスコ…